Pocket

前回の続きになります。

 

前回はJ-popを「外出時」に「それなりの音で」聞けるイヤホンは1万までの値段でどんなのがあるのかという事を書きました。

 

最近のイヤホンはホントに音質の向上が凄いと思わされましたね。

ちゃんと各々のメーカーで音にしっかりと違いを出してるのが凄かったです。

 

まだ未読の方はぜひ一読を。

 

さて本題です。

今回はオーバー一万円です。

 

最近高級イヤホンがどんどん出てきているので、この価格帯のイヤホンを持つことも全然普通になった感ありますよね。

 

まぁそれも今回視聴してきて、納得しましたけどね。

 

もちろん一万円までのイヤホンでも全然素晴らしいんですよ?

でもやっぱり一万を超えるクラスになると一つ階段を上がるのが明確にわかりますね。

 

前回の記事でも書いた通り、僕は外出時はそこまで音に拘る事はなかったんですが

5千円そこそこ足すだけでここまで音質が変わるのであれば選択肢としてぐいぐい入ってきちゃいますよね。

 

このせいで結局イヤホンは買わず仕舞いで「よしいったん帰って整理しよう」という結論にいたり

今現在まだ買ってませんからね笑

 

というわけで自分なりの整理も含めたイヤホンレビュー

Jーpopを聞くならどのイヤホンがいいの?後編行ってみます。

比べてきたもの

今回比べてきたのは前回の記事で比べてきた物の上位版。

 

見る視点は前回同様

・付け心地

・音質

・値段

 

の3点の視点から書いていこうと思います。

Sony MDR-EX750

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX750 MDR-EX750 M

 

SENNHEISER MOMENTUM-INEAR

ゼンハイザー MOMENTUM In-Ear カナル型イヤホン iモデル Apple iOS向け MOMENTUM In-Ear i【国内正規品】

Onkyo E700MB

ONKYO カナル型イヤホン セミオープン/ハイレゾ音源対応/コントロールマイク付 ブラック E700MB

ではそれぞれ見ていきましょー。

 

Sony MDR-EX750

 

 

付け心地

すごくいいです。

 

前回この下位機種のMDR-EX650のことを書きましたが、ほぼそれと同じ付け心地でしたね。

 

「つけてる感じ」がしません。

まぁ僕の耳にジャストフィットしているだけだと言われればそれまでなのですが。

 

MDRシリーズは音を鳴らしていないときはしっかりと周囲の音も拾えて、音を鳴らすと完全密閉空間、というのをちゃんと提供してくれますね。

 

音を鳴らしていないときは勿論服の摩擦音や体内音なども気になりません。

 

というわけで付け心地は僕的にはなにも問題なしでした。

 

ただ、個人的には気にはならなかったのですが、こちらのイヤホン「マイク」がついています。

ハンズフリーで電話ができたりするので重宝する人は重宝するのではないかと思うのですが、その分やはり「重く」なっています。

 

僕はイヤーピースがぴったりはまっているので問題なさそうですが、使う人によってはこのマイク部分の重さでイヤホンが耳から抜けることもあるのかな?とは少し思いました。

 

外出時に「あー抜けそう…」と思いながら聞くのはちょっと残念かなとも思いますね。

 

ちなみに線はY字です。トレンドですね。

 

音質

気持ちのいいドンシャリでした。EX650の音から比べると少しだけハイよりな気もします。

 

ただ「ハイ」がEX650より気持ちよく聞こえる、という意味なので僕的にはこちらの方が音は好みですね。

 

ドンシャリ好きーとしてはやはり心揺さぶられるものがありまくりました笑

これから紹介する他2機種もそうなんですが、ホントに価格が上がる分階段一つ上がっています。

 

低音は元々EX650の時点で素晴らしいものがあったのですが、EX750になって高音も気持ちよさが増したのでこちらに軍配が上がる感じですね。

 

素晴らしいです。まぁ値段上がるんですからそうあってもらわないと困るんですけどね笑

 

音質はこんな感じでした。

 

 

価格

これ書くまで気づかなかったんですが…

アマゾンだとこれ1万円切るんですね。

 

さっそくぶれる前提条件の「一万円オーバー」笑

 

ヨドバシカメラでは超えていたんです…もん。

 

というわけで買うならアマゾンの方がいいと思います笑

 

ちなみに

ヨドバシカメラ…10,560円

アマゾン

です。

 

アマゾンが驚くほど安いですね笑

すげぇ。

 

さてお次。

 

SENNHEISER MOMENTUM-In-Ear

 

 

付け心地

前回の記事ではこの価格の一つ下としてCX3-00を試してきました。

今回はシリーズとしては違いますがMomentum In-Earシリーズです。

 

付け心地は服の摩擦音などは気にならない付け心地となってましたね。

CX3-00はちょっと服の摩擦音や体内の音が気になったりしたんですが、シリーズ違うと変わるもんなんですね。

 

コードがこれはちょっと平べったい作りになっているのも面白い。

平べったいと絡みにくいからですからね。

あと見た目も赤でクールです。もう一色黒もありましたが、個人的には赤が好みでしたね。

 

やっぱり外出時に焦点をあてると見た目も大事になってきますもんね。

 

線はY字でした。

 

音質

高音から低音までバランスよく流してくれます。

でもこちらはCX3-00とはまた違った低音よりのチューニングですね。

 

ゼンハイザーは低音が得意なのかなーという印象を持っているのですが、こちらも例にもれずという感じでしょうか。

普通低音がボンボン響くと耳が疲れちゃって30分とか1時間とか聞いてたら「もういいや」ってなるんですが、これは全然疲れない低音です。

 

やはりキックやベースが気持ちいい音楽(中田ヤスタカさんや、Boom Boom Satellitesさんなど)が気持ちいいと感じました。

 

シリーズは違えどCX3-00も似たような音の傾向を持っていて、これはそれをもう一つ階段上に上がった感じでしたね。

 

ここまで気持ちのいい低音はゼンハイザーくらいじゃないかなーと個人的に思います。

低音が好きな人はこれを選んで間違いないですよ!

 

 

価格

ヨドバシ…10,900円

アマゾン

 

アマゾンに軍配!笑

 

 

さてお次、そしてラストですね。

 

Onkyo E700MB

clip_image002

 

付け心地

やはり一番最初に目を引くのはくりくりとした螺旋状のコードじゃないでしょうか。

ツイストケーブルという形だそうです。

 

これOnkyoさんによくみられる形状ですよね。

音質云々がこれでどう変わるとかは正直僕にはよくわかりませんが、絡みにくくなることは確実です。

そして外出時に「絡みにくい」というのはポイントすごく高いんですよね。

 

そして見た目的にもポイント高いですよね。

ゼンハイザーとはまた一味違った個性があります。

 

ソニーは5色のカラーで、ゼンハイザーは男らしいメタリックな感じで、そしてOnkyoはちょっと女性らしい螺旋ケーブルでと。

三種三様でホントに各メーカー面白いですよね。

 

見た目的には僕は正直Onkyoが一番好きですかね。

 

やっぱ個性的なところがいいなと。

 

肝心のイヤホン自体の付け心地もこれまた全く気になるところはありませんでした。

 

耳の小さい僕でもしっかりフィットしてくれて、服の摩擦音、体内音ともに全然気になりません。

 

SonyのMDRシリーズをつけている時と感覚は似ていました。

やはり摩擦音などが気にならないというのはポイントとして高いですね。

 

最後に、線はY字です。

紹介したの全部Y字っていうね笑

 

U字の時代が戻ってくることはあるのだろうか。

 

音質

超バランス型という感じです。どの帯域もすごくきれいに出してくれる印象。

上の二つに比べるとハイよりなチューニングな感じはありますが、多分それは聞き比べたからかと思います。

 

どの帯域もバランスよく聞きたいという人、あまりイヤホン自体に味付けがされていないのは好みな人はこれ一択じゃないでしょうか。

正直試した時の驚きとしては、今まで比較してきた機種の中では一番でしたね。

 

ここまで綺麗に音を出してくれるのかと。

 

今回はJ-popを聞くのにどれがいいかという視点なのでそこまで大げさには書きませんが、恐らく「どのジャンルにも」と視野を広げたらこの価格帯でこれに叶うイヤホンはないんじゃないかなと思います。

 

それくらい音がクリアでバランスよく鳴らしてくれます。

 

素晴らしい音質でした。

 

価格

ヨドバシ…14,580円

アマゾン

 

どうなってんだアマゾン笑

一万は確かに超えてるけども笑

 

なんにしても恐らくコストパフォーマンスの面からみてもこのイヤホンは素晴らしいと思いますよ。

 

どのジャンルにも適応できるでしょうし、いろいろな音楽を聴くのであればこれ一本持っておけば事足りると思います。

 

正直3万超えますといわれても納得の音質でしたもん。

 

素晴らしいです。

 

さて、総評だ

 

さてさてここまで計6つのイヤホンを見てきました。

アンダー一万が

Sony MDR-EX650

SENNHEISER CX3-00

Onkyo E300

 

オーバー一万円が

Sony MDR-EX750

SENNHEISER MOMENTUM-INEAR

Onkyo E700MB

 

というラインナップでしたね。

 

そして基準は

 

・J‐Popを聞くとき

・外出時にも使いやすい

 

の二つを基準としていました。

 

僕が普段よく聞くJ-Popはバンド音楽がやはり多いんですよね。

ACIDMAN / ONE OK ROCK / RADWIMPS /  BIGMAMA / ASIAN KUNG-FU GENERATION / GOOD ON THE REEL / Mrs. GREEN APPLE / SPECIAL OTHERS / サカナクション / クラムボン / Super Butter Dog / パスピエ / フジファブリック。。。。。。。などなどなどなど

 

あげだしたら切りないですね笑

 

そしてやっぱりドンシャリで聞くと気持ちいいんですよ。バンド音楽って笑

 

というわけで、今回の用途でこの6つの中からならSonyのMDRシリーズに決定かなと!

 

そしてちょっと奮発してSony MDR-EX750APかなと!

 

下位機種のMDR-EX650も素晴らしいんですけどね、でもやっぱ値段だせばその分ちゃんと答えてくれてる感じがするのでこの選択にしようかなと思います。

 

という分けで僕的な感覚ですけども

 

J-Popを外出時に聞くなら

 

Sony MDR-EX750

 

という結論になりました。

 

J-Popというか日本のバンド音楽を聞くならって感じになっちゃいましたけど笑

 

でも今最近のJ-Popってクレジットが個人だとしてもバンドサウンドありきで作られているのが多いですし、ドンシャリで聞いていて気持ちのいい音楽が多いような感じがあるのでこの選択は一つの正解だと思っております!

 

長々と読んでもらってありがとうございました

 

いやーしかし、イヤホンの聞き比べってホント面白いですね。

 

こりゃイヤホン大量に所有する人の気持ちも分からんでもないなと思いました。

メーカーによって特性、特徴ありまくりですもん。

 

アコースティック音楽ならこれ、クラシックならこれ、ジャズならこれ、っていう風に使い分けたくなる気持ちは今回いろいろと試していてすごくわかりました。

 

ハイレゾ配信もだいぶ主流になってきて、周りをきにせず高音質で音楽を楽しみたいって人の需要にはばっちりあうのでイヤホン、ヘッドホン業界はこれからもっと盛り上がりを見せていくんでしょうね。

 

時々こういう風にいろいろとチェックしてトレンドをつかんでおかないと取り残されてしまうなーと感じた今回の視聴会でした。

 

というわけで、ながながとここまで読んでくださった人ありがとうございました!

 

また次回~。

 

※アマゾンやヨドバシの価格はこのブログの投稿日に調べた物を参照しています。

ご覧になる日によって値段は変動しますのでその点ご了承ください。

 

-----ランキング参加中なのでクリックして貰えると嬉しいです♪------

にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ

-----Twitterもやってます、音楽好きな人と繋がりたい。---------

Pocket