Pocket

こう言い出すとなんでもありになっちゃうよ!-「-5」

今回は「-5」と表記されるコードについてです。

 

一応今回で予定していたコード全部の説明は終わりですね。

結局トータルで14記事になったのかな?

途中「度」についての記事とかも足しちゃったので、全部で10記事も行かないんじゃないかと豪語してたのは嘘になっちゃいましたね…笑

でも14ページですよ!このたった14ページさえ理解できればコードについて初心者は完全に脱したと思っていいです。

 

そしてこの理解があるかないかとでは、今後絶対に音楽ライフは変わってくると思います。

 

記事はこちらにまとめてあるので何度でも読んでくださいね(宣伝)

 

というわけで、とりあえず一区切りの最終回!いってみましょー。

「-5」 どういう意味?

 

さて数字の5にマイナス記号が付いているコードについてのお話です。

読み方はまんまです「マイナスファイヴ」と読みます。

 

「5」はこれもそのままですね。「5度」のことです。

そしてこれに「マイナス」が付く事によって、「5度の音を半音下げる」という意味になります。

 

「C-5」は鍵盤でみるとこんな感じの音になります

c-5

 

Cメジャーのコードの5度の音が半音下がってますね。

 

そしてこれ「マイナス」で半音下がるという意味を付けられるということは、他のどの数字にでも当てはめる事が出来ますね。

例えば見たことは無いですけど「c-3」とか書けば「ド ミ♭ ソ」ってなりますし、「C-7」とかけば「ド ミ ソ シ♭」となります。

なんでもありになっちゃいますね笑

 

まぁ「C-3」は「Cm」と同義ですし、「C-7」は「C7」と同義なのでわざわざマイナスをつける意味も無いんですが、「コードを表記する」という観点からみればこれのおかげで何でも出来るという事が分かると思います。

 

もちろん「マイナス」の反対の「プラス(+)」をつけたら「半音上げる」と言う意味になります。

…はい。言いたい事はお分かりいただけると思います笑

 

 

余談ですが、「音を抜く」という意味の「omit」という単語もあります。

音を指定する際に「CM7の5度の音抜いて弾いて欲しいんだよなー」って時とかに「CM7(omit5)」などという風に書いておけば「CM7から5度を抜いた和音を弾く」という意味になりますので、頭の片隅にでも置いておいて損はないと思います。

 

「-」「+」「omit」これらを駆使すればもうなんでも出来ちゃいますね笑

 

もちろん、「マイナス」や「プラス」等の表記はどちらかといえば一般的な書き方ではありません。

「Cm」と書けばいいモノをわざわざ「C-3」とか書いちゃうと相手を混乱させてしまうだけので注意しましょう。

コードは「音楽における共通言語」なので出来るだけスムーズに伝えられる表記を心掛けましょうね。

 

以上で「-5」についての話は終わりになります。

 

まとめ

・「-」をつけるとその数字の半音下の音を弾く

・「-」の反対の「+」は半音上を引く

・「音を抜く」という「omit」という単語がある

 

という感じですね。

 

おわりに

という訳で全14回に渡って書いてきました「コードの覚え方」。とりあえず今回で一区切りとなります。

 

ん~少しでも皆さんのコードの理解に対するお役に立てたのか…は分かりませんが。自分の知識のまとめとしても書いていて楽しかったです。

 

ブログはブログで音楽の事をこれからも好きに書いていこうと思っていますが、このブログを始めようと思った切っ掛けは「コードの知識を自分なりに改めてまとめよう」と思ったことだったので、とりあえずやり切れて一安心です。

 

まぁまだまだ「キー」についてや、「コード弾き」について、「耳コピ」についてなどいろいろと書けることはあるなーとかは思っているので、またこういうシリーズ物はひょっこり始めるかなと。

色々と構想を練り練りしておこう笑

 

不特定多数の人に向けて文章を書くというのは面白いですね。初めてみてよかったです。

「コードの覚え方」最初から読んでくださった方、もしくは飛ばしとばしで読んでたまたまこの記事を読んでいる方、初めましての方、…とにかく皆さん!笑

 

読んでくださってありがとうございました。

 

それでは~

 

引き続き「N’s Music Box」をよろしくお願いいたします!

 

-----ランキング参加中なのでクリックして貰えると嬉しいです♪------

にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ

-----Twitterもやってます、音楽好きな人と繋がりたい。---------

Pocket