コード進行についての基礎的だけど大事なこと!~コード理論が分かったら次はこれだ~

Pocket

はいどうも、ノリです!

今回は久々にコード理論についての記事を書いていきますよー。

理論と言っても今回はコード進行についてです。

もしまだコードの作り方について分かっておられない方がいらっしゃいましたら

ここでコードの組み立て方を細かーく、そして分かりやすーく(自画自賛)まとめてますので、そちらも覗いてみてくださいね!

さてでは今回の本題のコード進行について見ていきましょう!

そもそもコード進行とは

転回系の記事ピアノでのコード弾きの練習の仕方の記事でも触れてますが、コードはそれ単体で覚えても曲としてはまだまだ使い物になりません。

当然ですよね。音楽はコードを次々と繋ぎ合わせて作り上げていくものですから。

Cを弾いたら次はG、そしてそこからAmへ行きEmへと繋げていく、みたいにコードは進行していくものです。

そしてその流れが曲を曲たらしめる重要なポイントですよね。

さて、ではこのコード進行ですが、口頭、または楽譜で

|C   |G   |Am   |Em    |

などの様なものを用意し、それを渡す事でコード進行を伝えるというやり方が恐らく一般的なやり方かなと思います。

僕もこの方法はめちゃめちゃ使います。

ただ実はこの方法、シチュエーションによってはちょっとだけ不便な面もあるんですね。

今回はその辺りについて書いてみようかなと。

コード進行を他人と共有するにあたり上に書いたやり方以外でも便利な方法があるんだぜ!

というお話です。一緒にみていきましょー!

コードは実はこんな書き方もできるんです-ローマ数字で書くコード進行-

コード進行についてちょっと興味が沸いて色々調べた事がある方は見たことがあるかもしれませんが、こういう書き方のコード譜って見たことありませんか?

|Ⅳ   |Ⅴ   |Ⅲm   |Ⅵm   |

こういう書き方の楽譜。

僕最初見た時なんじゃこれ?でした笑

まぁそれまでにコードの勉強は独学でしてましたし、度の勉強の段階でⅠ~Ⅶ度までをローマ数字でよく書かれたりしてたのを見てたので、なんとなーくその事を言っているんだろうなーという想像はついたんですが。

なんで楽譜にまで度で使ってた時の書き方をもってくるんだろー?と不思議に思ってたんですよね。

まぁその頃は作曲とかもせず、組んでたバンドでもコピーが主でスコアの小節に書いてあるコードを追う事くらいしかコードを意識してなかったので、わざわざローマ数字でコードを書く意味が分からなかったんですね。

多分皆もそうだと思うんですけども。。。。ですよね?笑

だって明らかに不便じゃないですか?笑

その曲に対するコードを知りたいだけなのにわざわざ直接の表記をさけて遠回りする表記の方法なんて。

なので特に気にも留めずにそのまま過ごしてたんですね。

まぁでもしばらく音楽を続けていくと作曲もするようになりますし、色んな人とも楽譜をやり取りする事も増えますよね。

自分のバンド以外でのボーカルの人ともやったり、自分が書いた曲を男の人に歌って貰ったり女の人に歌って貰ったりする場合も時には出てくるわけです。

あとはふとセッションしよーぜーって時にコード進行をメンバーに「んじゃこの進行で!」みたいなのを伝える場合ってのも時としてありますよね。

僕はそのシチュエーションを始めて迎えた時「くはー!ローマ数字のコード進行表記もっと普段から意識しとけばよかったー!」と後悔することになりました笑

そう。ローマ数字でコード進行を表記する意味。ここで初めて分かったんです笑

実はこいつは他人と曲を共有する際にキランッと光る物だったんですね。

こういうシチュエーションの時「ローマ数字めっちゃ便利やーーーーん」と骨身にしみたわけです。

ってことで、もう表記をする意味の答え書いちゃいましたけど、この辺もうちょっと掘り下げてみていきましょう。

他人との曲を共有する際にヒカル憎いやつ

さてさて、ある程度音楽活動を経験し、色んな人と音楽をするようになった自分を想像してみてください。

自分の作った同じ曲を男の人が歌ったり女の人が歌ったり、はたまた楽譜をもらって曲をやるときボーカルさんのキーに合わずキーを上げたり下げたりするシチュエーションを勿論出てきますね。

そんな時貰った楽譜が例えば

こういう、コードがズバリ書かれている楽譜を用意したりされている場合、このキーがボーカリストさんにばっちり合えば何の問題も無いんですが合わない場合も勿論ありますよね。

皆さんカラオケに行ったときにキーが合わないからリモコンで上げたり下げたりした経験絶対あると思うんですが、まぁそんな状況ですよね。

ボーカルさんにキー合わないんで、キー変えまーすっていう状況は結構あります。

勿論生演奏を行う場合、演奏人にリモコンを向けてキーをピッピと上げたり下げたりなんかしようとした日にはその日のスタジオ終わりにツイッターブロックもしくはミュートは待ったなしでしょう。

そう、そういった場合は演奏側が自分でキーを頭の中で上げたり下げたりして、コードを変換しなきゃならないんですよね。

(鍵盤弾きの自分はこれぶっちゃけめっちゃ苦手なんですけどもね…w

そんな状況を迎えた場合、もし上に貼った楽譜でやっている場合「んじゃキー半音下げでー」って言われた場合この楽譜を見ながらF#→F、C#→Cへ、、、と全部のコードを脳内で変換しながら弾くことになりますよね。

えぇもう言うまでも無くちゃぶ台返しをボーカルに向かって食らわせたくなる事請け合いですよ。アツアツのお茶漬けおいて。

しませんけど。

まぁでもどうやったって楽譜に書かれてるコードに引っ張られますからね。こんなとこで脳トレなんかしたくないわけです。

そう!ここ!まさにこの状況!

この時にローマ数字で書かれている楽譜に慣れていたらどういう状況になるのか!みていきますよー。

上の楽譜だとキーF#なので1度の音は勿論F#ですね。

2度はG#m、3度はA#m、、、、、と下の楽譜みたいになるわけですね。

 

これがキーF#における1~7度ですね。

(なんでこんなシャープ多いキーを例にしたのかと後悔しだしている事をここに宣言しておきます。すいません…笑

さてではこれを例にも出した半音下げる場合F#を半音下げるのでキーはFですね。

となると1~7度は

となりますね。

そうここで気づいた方は気づいたでしょう。

下に書いてあるローマ数字はキーが変わろうが全く一緒なんですね。

これはつまり、ローマ数字のコード表記に慣れておくと、楽譜を書き直す必要がなくなる!という事です。

これはとても素晴らしい。

いやまぁ実際演奏する時は脳トレは脳トレなんですよ?笑

キーFでーって言われたときに与えられている情報はローマ数字のみなので、頭の中で常にキーFを意識しながら弾かなければなりませんしね笑

ただまぁこれ演奏側なら慣れないうち、もしくは脳トレ面倒って場合は自分で変更されたキーに対応するコード譜面を自分で書かなければならないんですが、作曲者側から見たらどうでしょうか。

ローマ数字での進行を書いた楽譜を演奏陣に渡して「キーはこれでー」って言っておけばオッケーなわけですね。これはラクチン。

演奏陣から向けられる目線が優しいかどうかまでは保証できませんけど笑

 

あと、もう一個のシチュエーションとしてセッションする場合。

始める前に「キーはEで、進行は4-5-3-6でなんか適当にやろうかー」とか「キーCの1-4-5でなんかやろうぜー」(この場合はブルース進行でーでも通じますけど)と伝えておくだけでコードそのものは確認することもなくセッション始めるって事も出来ちゃうわけですよ。

これは出来たら格好良くないですか?笑

またこれは別記事にするかもしれませんが、コードって結構王道な進行が何パターンかあって曲を作る際やメンバーで共有する際に、「んーここはやっぱ6-4-5-1でしょー」とかいう会話もあったりするんですよね。2-5-1でしょーとかね。

さっき書いた4-5-3-6なんかも「切な系コード進行」としてめっちゃ有名だったりします。ケツメイシさんのサクラとかね。とても切ない。

(僕も曲作るときこのコード進行多用しまくります笑

こんな具合に数字でコード進行を共有出来たら後はキーの確認だけでわざわざ毎回コード進行を伝える必要なくなりますよね。

どうでしょうか、これは慣れておくととても便利なこと分かって貰えるかなと思います。

ローマ数字での表記方法がキランッと光ってますよね笑

勿論なれるまではめっちゃ時間かかりますけどね。

というかぶっちゃけね、基礎とか大事とか謳ってこの記事書いては今すけどこれはプロレベルの話しなので、必要ないと思われる方はスルーでも構わないレベルの話ではあります笑

ただ、これが出来るようになれば大体の現場で重宝される事は請け合いです笑

これをマスターするかどうかはアナタ次第。

僕はまぁね、プロでも無いですし♪~(´ε` )ピューピュー

(後悔したことは多々です笑

覚えておくとめっちゃ便利なのは強調しておきます。

最後に

というわけで、いかがでしたでしょうか。コード進行を意識し始める前の基礎的なお話。

ここまで意識出来るようになってきたらこれはもう立派な作曲家、演奏家の仲間入りでしょう。

ようこそ抜け出せない音楽の泥沼へ(ゲス顔

あ、そうそう、最後に今日書いた辺りの事を研究するのにおすすめの書籍があるんで紹介しておこうかな。

これなんですけど、色んな有名な曲を例にだしてコード進行の説明をしてくれています。

ホントにコード進行に興味が出てきたころに読むととてもいいのでおすすめです。

コード進行の表記がローマ数字での表記なので否が応でもローマ数字に慣れていきます笑

そこもおすすめの理由の一つですね笑

それでは、皆様の作曲、演奏ライフがより充実したものになる事を願って!

またお会いしましょー!

 

P.S

最近というか、結構継続的にぽつぽつとではあるんですが、コード理論についての記事がわかり易い!といったコメントやメッセージを頂けることが徐々に増えてきまして。

もうこれはホントに記事を書いた身からするととてつもなく嬉しい事です。

ブログなんか書いたことも無かった自分ですが、ホントに書いてみてよかったなーと。

一方的な発信になりがちなブログですが、コメントを頂ける事で同じ音楽好きな人とちょっとでも繋がれた感覚!たまんないですね。

読んでくださっている皆様、コメントを下さった皆様、ここを見て頂いているかは分かりませんが、本当にありがとうございます!

読み返してみるとちょいちょい「もっとこう書いた方がわかりやすいかな…」と思う所も出てきたリしていますので、ゆっくりですがリライトして伝わりやすいような記事にブラッシュアップしていければいいなと思っていますので。

これからもコード理論についての記事、またその他の記事も、よろしくお願いします!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。中学の頃からバンドで音楽に関わって10年以上。 今までに身につけた知識、折角なんで皆さんと共有できればいいなと思いブログを始めました。 間違っている事があればご指摘ください…笑 理論の事以外にも、趣味のDTM関連の事や、ガジェット関連、アプリ関連など色々と好きな様に書こうと思っています。