ピアノコードを独学で覚えよう – メジャーコード その2

Pocket

実はドを基準にした時と同じ数え方!?〜度の数えかた〜

 

前回の記事の続きになります。

Dの場合は隣→隣と鍵盤を移動するだけでは度は数えられないという話しでした。

 

では、続きを見ていきます。

 

今一度「ド」を基準にした時の度の数え方を見てみてください。

 

do

 

ですね。

 

そしてこれをまた少し違った数え方で数えてみます。

 

「ド」と「レ」の関係。「2度」だと言う以外にももう一つ言い方があります。

 

分かるでしょうか?

 

そう、それは「全音」の関係だということです。

 

勿体つけといてそんなことかい!というのもごもっとも!笑

 

でもこれがすごーく大事なんです。

 

では続いて「レ」と「ミ」を見てみましょう。

これも勿論「全音」の関係ですね。

 

では「ミ」と「ファ」は?

 

そう、「半音」ですよね。

ピアノをやっている人にとっては当たり前の事ですし、やってなくても小学校とかで習った…はず。習いましたよね?習ってなかったらすみません笑

「ミ」と「ファ」の関係は「半音」なのです。

 

この「半音」の関係。これが諸悪の根元。もといミソです。

 

なぜか。

「ド」と「レ」は「全音」と同時に「2度」

 

「レ」と「ミ」も「全音」と同時にドから数えて1、2、「3度」

 

なのに!「ミ」と「ファ」は「半音」!もう一度言います「半音」!

にも関わらずドから数えて1、2、3、「4度」!!なんですよ!

数え方変わらないんですよ!「半音」なのに!

 

そんなに熱くなるなよって?そんなの普通に分かることじゃんって?

 

そう思えたあなたは素晴らしい…。

 

当時これにどんだけ引っ掛かったか…笑

 

自分がアホと言われればホント、アホなんですけどもね……

 

当時は基本独学でやっていて、理論本とかにはドを基準にした部分しか書いてなくって次から当たり前のように「ではドで見たとおりにして、レの3度上は⚪︎⚪︎ですね(答えになるので伏せますが)とか書いてあるんですもん。

 

「え、レから3つ目の鍵盤だからファじゃないの?」と勘違いしていた僕は大混乱ですよ笑

 

今流行りの厚切りされたジェイソンさん並に「ワァァァァァイ!?」つって。

 

なんかこれが言いたかったからこれやったみたいな流れになってますねこれ。

 

いや違うんだ。ホントに悩んだんだ。

 

皆こんなところすんなりクリアできるもんなのかなー。出来るんならいいんですけども。

ルートDの3度は結局なんだ

 

1度から4度の関係はさっき見た通り。

数え方としては「1度」から隣に向かって「全音」→「全音」→「半音」と数えなければならないんですね。

 

勿論ドレミファソラシドでは「ミファ」と「シド」が「半音」の関係なので

 

1度からの数え方は

 

1度から「全音」→「全音」→「半音」→「全音」→「全音」→「全音」→「半音」

 

4_do

度の数え方

(矢印あまりに汚いので書き直しました笑)

で数えなければなりません。

 

これが「度」の秘密です(大げさ?笑)

 

さて僕の屍を超えてようやく見えてきました。

それでは今一度

 

「レ」を基準にした際の「3度」はなんの音でしょうか。

 

1度から3度までは「1度」からスタートして「全音」→「全音」と進みましたね。

 

鍵盤で言うと

 

「1度の鍵盤から黒鍵を含めて5つ分すすんだ音」

5ko

となります。これが1度と3度の関係。

 

では「レ」から「全音」→「全音」、もとい鍵盤5つ分と進むと?

D 3do

「ファ#」ですね。

 

そう、「レ」からの「3度」は「ファ」ではなく「ファ#」だったんですね。

ようやく解決です笑

 

それでは5度は?

 

1度から数えて

「全音」→「全音」→「半音」→「全音」とすすんだ音ですね。

 

鍵盤で数えたら1度から8つ分です。

 

ただまぁ1度から毎回数えていたらいかんせん遠いですね。(別にこれでもかまいませんが)

なので3度の所から数えちゃいましょう。

 

3度からは3度の鍵盤も含めて「4つ進む」です。

3度の音「ファ#」から4つ進むと?

D 5do

「ラ」ですね。

 

というわけでこれでDグループの「1度」

「3度」「5度」が出揃いました。

 

「レ ファ# ラ」です。

 

そしてこれがDのメジャーコードです。

 

さぁどうでしょうか。一覧表で見てもDメジャーの覧にぴったり正解ですね。

 

この法則こそCDEFGAB全てのルートで応用が出来そうじゃないでしょうか。

 

試しにEで試してみましょう。

 

Eのメジャーコード(1度 3度 5度)を探しましょう。

E(ミ)を基準に基準から5つ分、そこからまた4つ分進んだ音がそれぞれの音ですね。。

 

「ミ」「ソ#」「シ」となったでしょうか。

 

コード一覧表で答えを合わせてみてください。

 

ぴったりですね。

 

では次はFでやると?

 

F(ファ)を基準に5つ、そしてそこから4つと進めると…

 

「ファ」「ラ」「ド」となりますね。

 

答え合わせしてもぴったりです。

 

どのグループにもこれが当てはまりますね。是非全部で試してみてください。

全部あってれば完璧です。

メジャーコード制覇です。

 

説明長くなりすぎましたが、メジャーコードのルール、これで理解できたでしょうか?

 

まとめ

まとめたらびっくりするくらい簡単で単純な話です。

 

「基準となる音から鍵盤で5つ目、またそこから4つ目の音を和音にした音がメジャーコード」

 

たったこれだけの事です。

 

これが言いたいがためにすんごく語ってしまいました…笑

 

まぁでもホントにそういうことです。

 

「度」の説明なんかは頭の片隅にでも置いておいてもらえたらオッケーです。

 

今度だれかに説明をする際にでもドヤ顔で説明出来るだけってなもんです。

 

面倒ならこのブログを紹介しちゃってください。

 

まぁ今後ブログでこの「度」は説明で使って行きますが、別に覚えずともその都度この辺りの記事に戻ってきて思い出す程度でいいと思います。

 

そうしているうちに覚えられればラッキーくらいのスタンスでいきましょう。

 

ではこんな感じで次回から一覧表Cグループの右へと進んでいきますね。

ここまでしっかり理解出来ていたら次からは簡単だと思います。

では、今回はこの辺で。

コードについての記事はこちらにまとめてありますので、また是非他の記事もご覧下さい。

 

–追記–

正直言うと「度」についてはもっと細かく説明出来てしまうんですね。

上の説明だけではホント言うと不十分な所もあります。

 

ただそれを説明しだすとまた長くややこしい記事になってしまう…笑

また、「コードの理解」という範囲ではこの範囲で十分ではないかなとも思うので、あえてここまでの事しか書いていません。

 

「度」についてはまた詳しく書くかもしれませんが…それはまたの機会にということで。  書きました→記事はこちら

Pocket

3 件のコメント

    • >みなみ様
      わー!コメントありがとうございます!
      こういうブログってあんまりコメントつかないので、そういう物だと割り切ってましたが、いざつくと「!?」ってなりますね笑
      嬉しいです。ありがとうございます^^

      度数ってホントに奥が深いというかなんというか。
      独学だとなかなか理解できないですよね。

      お力になれてとても嬉しく思います!
      お互いこれからも音楽楽しんでいきましょう!

  • みなみ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    初めまして。中学の頃からバンドで音楽に関わって10年以上。 今までに身につけた知識、折角なんで皆さんと共有できればいいなと思いブログを始めました。 間違っている事があればご指摘ください…笑 理論の事以外にも、趣味のDTM関連の事や、ガジェット関連、アプリ関連など色々と好きな様に書こうと思っています。