コードネームの謎

Pocket

ブログの最初でも言いましたが

 

コードとは、「和音に名前がついたもの」ですね。

 

そして「ドミソ=C」とも言いました。

また、「Cはドの事だ」とも言いました。

 

ふむ。

 

Cはドミソの和音も指す。そしてCは単音のドの音も指す。

 

そうなんですね、同じ表記の「C」を使って二つの意味があるんです。

 

…なんで!?

 

これについては理由は分かってません笑

 

昔の人はここは面倒くさかったんでしょうか…

 

と嘆いても仕方ない。Cには二つの意味があり、「ドの単音」と「和音のドミソ」の意味がある。

受け入れましょう。

 

そして現状バンドで「C弾いて、次F弾いて」などアルファベットを言われたら十中八九「和音の方」を指します。

 

言っちゃえばこれもルールですね(無理やり笑)

 

このブログでもこの「和音の方のアルファベット」を使って今後CとかDとか言っていきますので、そのつもりで読んでくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。中学の頃からバンドで音楽に関わって10年以上。 今までに身につけた知識、折角なんで皆さんと共有できればいいなと思いブログを始めました。 間違っている事があればご指摘ください…笑 理論の事以外にも、趣味のDTM関連の事や、ガジェット関連、アプリ関連など色々と好きな様に書こうと思っています。