音楽理論の勉強は必要なのか。

Pocket

こんにちは。ノリです。

今回はコラム記事ですねー。

このブログを始めた理由って

コード理論で躓く人が多いなーって言うのを感じていて(というか自分もそこで躓きかけた一人)、勉強の仕方、覚え方でこんな簡単になるんだよ!コード理論って!

というのをどうにか伝えたい!という思いで始めたんですよね。

なのでタイトルみたいに音楽理論を勉強する必要はあるのか?みたいな事を書くのはナンセンスな気もするんですが…笑

でもこの「理論は勉強すべき派」vs「理論なんていらないよ派」の論争ってずーーーーっとありますよね。
結構双方の意見見たり聞いたりするの好きなんで、音楽仲間と一緒にいる時の話題のテーマにしたり、ネットサーフィンで知らない人の意見見に行ったりもするんですが笑

まぁもちろんどっちの考え方も正解ですし、どっちが正解とか不正解とかないって言うのも重々分かった上で、つらつらーっと自分の考えでも書いていこうかなと。

こういうのが好きに書けちゃうのが個人ブログのいいとこですしね笑

自分の頭の中の整理という意味も含めて、改めて、この部分を書いていってみようかとおもいまーす!

理論が分かったところでいい曲が作れるかと言われるとそうでもない!

理論ある程度勉強してみて一番感じたのはこれですね。

いや確かに自分も完全に理論が分かってるかと言われたら全然そんな事ないですし、まだまだ勉強途中なのは自分でもよくわかってるんですけども。

でも僕もそうだったんですけど、理論とか全く分かってない時期って「あの好きなアーティストもこんなややこしい事考えながら作ってんのかな!?」とか「勉強したらあの人みたいな曲も作れる様になるのかな!」とか考えませんか?

僕はそうでした。

でもね、いざある程度バンド活動して、音楽もしてってしてるうちに気づくんですよ。
周りのいい曲書いてる人達から聞こえるワードで「いやコードとかスケールとかあんま分かってないw」とか「これ今俺なんのコード弾いてんの?」というワードがいかに多い事かと!(体感ですけど特にギタリストに多い気がする笑

なのに悔しいかな、めちゃくちゃいい曲書くんですよね。この人たち。

プロの人でもこういう理論しらない人ってとても多かったりします。

余談になりますけど、こないだテレビのドキュメンタリーでギタリストの布袋寅泰さんが出てたんですよ。その時の話で
「スタジオミュージシャンの仕事をした時コードとか全然分かってなかったからコードブック見て手の形覚えてそのまま抑えて動かさないようにして録音にのぞんだ」

とか言ってましたしね笑

まぁどこまで本気で言ってたのか分かりませんけど、全部嘘でもないと思うんですよね。
もうその当時から布袋さんとかバリバリにプロで活躍されてるわけじゃないですか。

ボーイでもじゃんじゃん曲書いてましたし。
でも実際のご本人はこんな感じだったわけです笑

ね。理論知らなくても曲かけるんですよ笑

勿論理論とかバリバリに理解して使いこなしながら作曲や編曲をしてる人も多いのは事実です。(キーボードマガジンで大活躍されていた故:小川文明さんとか、浅倉大介さんとか

でもやっぱりこういう話しを聞いて感じるのは

理論って音楽を説明するための物。それ以上でも以下でもないんだなー

ということです。音楽界における共通言語、的な。

先ほど書いた理論勉強する前の「勉強したら好きなアーティストみたいな曲かけるかな!」って言うのは布袋さんとかの話から打ち砕かれたとは思います。

理論なんか知らなくっても問題なく曲はかけるし、それこそ名曲だって生み出せるんです。

でもですよ、音楽って一人じゃ出来ないですよね。特にバンドとか。

ボーカルがいて、ギターがいて、キーボードがいて、ベースがいて、ドラムがいて………

っていう沢山の人と一緒にやるわけじゃないですか。

そこで折角いい曲書いても、そのメンバーに曲を共有できなきゃバンド音楽としては成立しませんよね。

わざわざコードを押さえる手の形から全部のコードをメンバーが割り出して弾く、なんて効率悪すぎますしなにより迷惑です笑

そんな時に理論を身につけておけば、んじゃコードはこれとこれとこれでー、最後はツーファイブでおわろっかー。とかひょいひょいと共有出来ちゃう訳ですね。

もうこれは音楽を理解する為の言語そのものですよね。

こういう考え方をすると、僕的にはやっぱり身につけておくべきなんだろうなーと思います。

いくら一人でいい曲書いたって、伝えられなきゃ意味ないと思うんですよね。

そんなこと言ったって、言今の時代一人でDTMで曲作れちゃうわけですし、誰かに説明する状況なんて無いという事も多いんじゃない?という人もいるかもしれませんね。
それは僕もDTMしてる身なのでよくわかります。

それでも!

やっぱり理論はやるべきじゃないかなーと。

こういう見方してみたら理論が持つ新たな一面を垣間見れるんじゃ?と思う事がありまして。

次はその事について書いてみます。

音楽理論は遠い昔からの脈々と受け継がれる音楽好き達の集大成

“愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”ってのは僕の好きな言葉なんですけども。

音楽理論って要するに昔っからいる音楽好き達が「お、これいい感じにきこえるじゃん」とか「お、これってよく耳にする流れだし何か法則あるのかもね…あるじゃーん」とかいう感じで(実際はこんなラフじゃないかもですけど笑)徐々ーーーーに出来た物なわけですよ。それこそ何年もの歳月をかけて。

つまり、何年も前からいる愛すべき音楽好き達が脈々と語り継いできた歴史、そして技術の集大成でもあるわけですよね。

歴代の音楽好き―の多くが「いい感じじゃん」と感じたことを、法則としてまとめたもの。それが音楽理論なわけですよ。
それを学んで損な事なんて一つも無いと思いませんか。

自分がなんとなーく弾いて「いいじゃん!」と感じた流れやメロディもその音楽好き達が見つけ出した法則で説明ができる訳です。
つまり、歴代の音楽好き達が認めてくれたと言っても過言ではないと思いませんか!(なんか変なテンションになってきたなー笑

※写真はイメージです

「わかるぜ~~!俺達もそれいい感じに聞こえてたぜぇ~~!お前センスあるぜぇ~!!」

えぇもうこんな感じですよね。特に右上のピアノの人なんか間違いなく言ってくれてそうですもんね。

うん、そろそろ落ち着こう。俺。

とまぁ理論を学ぶという事は、冗談抜きにして先人たちの知恵と技術に触れられるという事ですよ。

間違いなく自分が生み出したアイデアをブラッシュアップ出来ますね。
エジソンが言った、生み出す者へ向けた最高の言葉

1%のひらめきと99%の努力

僕たちは天才じゃないかもしれないですけど、閃きもそうポンポン出てくる物でもないですけど、努力は誰にでも出来るじゃないですか。

その努力の部分でカバー出来る物だと思うんですよね。理論って。

そして偶然その1%の閃きを得た時に、その1%を曲へと昇華させられるのが、努力で得た音楽理論なんじゃないかなと、

完璧にマスターしろとは言いません、僕も出来てないですから(

でも先人が作り上げてくれた道を歩んで、先人たちから「いいね!」を貰えると考えたら…これはやっといて損はないんじゃないかなと。

自分はそう思うんですよね。

まぁ要するに僕は理論は学んだ方がいいよ派です

つらつらーっと訳の分からないテンションもはさみつつ、思うままに書いて見ましたが。

要は自分は理論はやっとくべき派なんだなと、書いてて思いました。

いや勿論何回も言うように理論なんてなくてもいい曲は書けます。

理論に頼りきった音楽もそれはそれでつまらないものでしょうし、理論勉強してる暇があったら、好きな楽器触りまくって、とりあえず作りまくる!っていう方が合う人も勿論いるでしょう。

そこは自分のスタイル、考え方をもって是非とも貫いてください。

でもやっぱり、自分一人ではどっかで壁というか、限界というか、ぶち当たる時は来ると思うんですよね。

そんな時に頼れる存在、自分と同じ音楽好きどもの技術と考えの結晶が、自分の中にあるのと無いのとでは壁もぶち壊しやすさも変わって来るんじゃないかなーって。

僕は思います。

どうですか。理論に対する考え方の一つとして、参考になれば幸いです

てなわけで、コラム記事でした。

またじかーい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。中学の頃からバンドで音楽に関わって10年以上。 今までに身につけた知識、折角なんで皆さんと共有できればいいなと思いブログを始めました。 間違っている事があればご指摘ください…笑 理論の事以外にも、趣味のDTM関連の事や、ガジェット関連、アプリ関連など色々と好きな様に書こうと思っています。