Pocket

”この記事からこのブログに来られた方はこちらから読まれる事をお勧めします。
この記事は補足記事となります。”

やっぱりこの部分は理解が難しい方も多い様なので補足です。

減1度なんて言葉は存在しない、について

ピアノコードを独学で覚えよう - 度についての詳しい話し
dimコードやaugコードの話しをしていたらやはり無視できないなーと感じてきたのでここいらでしっかりとした「度」についての話をしておこうと思います。 「度」に...

この記事でも書いた

※1度については「減」音程はありません。

度は「音の間隔」を表すものなので、たとえ1度から半音下の音でもそれは「増1度」の関係と同じという事になります。

「ドード#」の関係と同じ間隔という捉え方ですね。なのでそもそも「減1度」という間隔は存在しない。という考えに基づきます。

「ドー半音下のシ」は「増1度」です。

の部分について掘り下げて書いてみようと思います。例の如くわかり易く完全1度はドの音とします。

度についての詳しい話の中で「長」や「増」「短」「減」などの言葉を使うのは半音分の変化を表す時だという書き方をしましたが、、、これがちょっと混乱を招く言い方だったかなーと反省しておりまして。

どういうことかと言いますと、繰り返しになりますが「度」とは「1度の音から見て、指定したい音がどれくらい離れているか」という「幅、広さ」を表す物ですという事。

もっとかみ砕いて言うと

ドの音(基準の音)からレの音を指示したい場合に

「ドの音を1音上に上げたい(変更したい)から『長2度』という言葉を使う」

とか

ドの音(基準の音)からファ#の音を指示したい場合に

「ドの音を4.5音上に上げたい(変更したい)から『増4度』という言葉を使う」

という事では無く

あくまでも

ドの音からレの音は1音分の幅があるので『長2度』という言葉を使って」レを指示する

「ドの音からファ#の音は4.5音分の幅があるので『増4度』という言葉を使って」ファ#を指示する

(2018/5/22 訂正:記入の数字に誤りがありましたので訂正いたします。申し訳ありませんでした。)

「ドの音からファ#の音は3音分の幅があるので『増4度』という言葉を使って」ファ#を指示する

という事です。

この違いわかりますでしょうか。

前者は意識の中で「ドの音をレやファ#の音に変える、変更する」という意識なので頭の中では1音しか意識していませんね。(ドの音をレやファ#に「変えて」してしまっている為)

後者は意識の中で「ドの音とレやファ#との音の『間隔、幅』を意識している」ので頭の中ではドの音とレやファ#との2音の音をしっかりと意識しています。

この点で明確に意識は違ういますね。

図で言うとこんな感じ

前者

後者

という感じですかね。完全1度の音を変更しているか、そこからの幅を意識しているかで明確に意識は違うのが分かるかと思います。

そして「度」とは後者の意識でそれぞれの音を指定していくものです。

なので

この事から「減1度」という言葉は存在しない、という事になるんですね。

「減1度という言葉が無い」という部分にピンとこない人は多分前者の「音を変更する」という意識で「度」という物を捉えられている方なのではないかなと思います。

っていう感じで繰り返しますが度は幅で捉える物なので、完全1度から半音下の音は「ド―ド#」の幅と同じだから「増1度」という事になります。

お分かりいただけたでしょうか。

ねー、ホントに度はややこしいですね

ちなみに言うと僕も最初は思いっきり前者で考えていました笑

だから僕も例にもれず「減1度が存在しないとはどういうこっちゃ!?」と悩まされた一人でございます笑

あなた一人じゃないから安心していいよ!

分かる人は感覚でぱっと分かっちゃうみたいですねこれ。こういう人はホントに分からない事が分からないので一生分かり合えることは無いでしょう。

理系と文系が分かり合えないみたいなもんです。諦めて自分のやり方を模索しましょ。ね。

という分けで以上で補足となります。ちょっとでも理解してくれる人が増えたら嬉しいぞ。僕は。

 

分からない事がこのブログで出て来たら遠慮なくメッセージなりコメントなり下さいね!

この記事にも書いてあるんですが、このブログを始めたきっかけは「自分が持っているピアノコードに対する知識の共有」でして。

ありがたいことにホントにちょくちょくですがコメントで「理解できてなかったとこが理解できました」と言って頂いたり、メールで「ここが分からないのですが教えていただけますか」などと送ってくださる方がいてくださったりと、当初思い描いていた感じでこのブログを利用して頂けているんだ!って目に見える形となって返って来る事がありまして。

書いててよかったなーと実感している次第でございます。

今回の補足もそのメールが発端だったりします。

ブログってコメント欄を設けていてもなかなか利用されることなく、結構一方通行になりがちなツールだったりするのでこういう事はホントに嬉しいのですよ笑

コメントついてる!と思って喜々と確認してもスパムでがっかりしたことも多々ですからね笑

まぁ、このブログを読んでくださっている人数の絶対数がまだまだ少ないってのも要因だという事はわかっているのでね。頑張って更新していこうと思っている次第ですよ。

もしコードについての記事を読んで分からない所があったり、もっとここ掘り下げて!っていう要望などありましたら遠慮なくコメなりメールなり送って下さいね。

ちなみにメールは

nsmusicbox☆norisroom.net
(☆を@に変えてね)

にて受け付けております。

そういうのいつでもウェルカムスタンスな僕なので。

ってなわけで、久しぶりのコードの覚え方記事の更新でした。

読んでくださってありがとうございましたー!

-----ランキング参加中なのでクリックして貰えると嬉しいです♪------

にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ

-----Twitterもやってます、音楽好きな人と繋がりたい。---------

Pocket