ピアノコードを独学で覚えよう – メジャーコード

Pocket

全ての基本となる、メジャーコード

(※この記事最後すこし意地悪をしますが、最後まで読んでくださいね…笑)

 

メジャーコードの作り方についてみていきます。

 

サブタイトルの通り、このコードはコードを理解していく上で一番基本となるコードになります。

 

さて、以前の記事でも何回も触れていますが「単音のC、D、E、F、G、A、B」

 

単音Cはドでしたね。

 

そして和音の方のCは楽譜でみると

cmajor

 

鍵盤でみると

C

 

となります。

 

この記事で触れましたがコードには絶対的なルールとして

「和音の一番下に来る音が、その和音の支配者である」

というルールがあります。

 

支配者は別名「ルート」ともいいます。

 

この場合のルートは「C」ですね。単音Cの音がルートに来てこのコードの支配者となっています。

 

そしてその上に積まれた「ミ」と「ソ」の音。

 

これが「メジャーコード」と言うルールによって乗せられています。

このあたりは先ほどの記事を是非参照してほしいんですが、メジャーコードを表記する時、アルファベットの右側には何もつきません。

単音の表記の時の「C」や「D」などと全く同じ表記をします。それがメジャーコードを表す表記なんですね。

 

なぜかこれが暗黙の了解になってるんですが、受け入れましょう。

 

さて、「C」や「D」といった表記で表される「メジャーコード」というルールはどのような物でしょうか。

人が耳にして一番「安定している」と感じる音の感覚

ピアノで見てましょう。

昔の音楽好きは「ド」を基準にしてこれを「1度」と仮定した場合

「ド」から「レ」は「2度」

「ド」から「ミ」は「3度」

「ド」から「ファ」は「4度」

,

,

,

「ド」から「シ」は「7度」

とすると決めました。

 

do

(マウスで矢印書くの難しい笑)

 

「度」とは基準となる音から数字の分だけ離れればどの音に当たるかと言う事を表した単位です。

「ド」からみて3度上は「ミ」と言った具合に。

 

そして歴代の音楽好きは音楽をしている中で「1度」「3度」「5度」を組み合わせた和音が安定して聞こえるんじゃないかと段々気付いてくるんですね。

 

これ弾いてみたら分かるんですけど、すごく明るい感じがするんですね。

だからこれに「広く使われる」「明るい」といったイメージのある単語「メジャー」という言葉をつけて「メジャーコード」と名付けました。

Cの場合だと、「Cメジャー」といった具合に。

こうして出来たのがメジャーコードです。

 

つまり

「1度」「3度」「5度」を組み合わせて和音にすると「メジャーコード」になる。

ということですね。

 

これが「メジャーコード」の説明になります。

 

そしてこれをC以外のルートで応用していけばどのルートでもメジャーコードは簡単に作れるというわけです。

 

というわけで早速これを他のルートにも応用してみましょう。

 

その他のルートではどうなるか

では分かりやすくCの隣のDで「メジャーコード」を作ってみましょう。

メジャーコードは何度の音を組み合わせたものだったか。

 

「1度」「3度」「5度」でしたね。

 

「度」というのはもう一度説明すると

 

基準となる『1度』の音からどれだけ離れているかを表すもの」です。

 

なのでドを1度とした場合2度は隣の「レ」、3度はそのまた隣の「ミ」、4度もそのまた隣の「ファ」、、、、、、7度は7個離れた「シ」となります。

do

ではD(レ)を基準とした場合の度数はどうなるでしょうか。

 

レを1度をすると

2度はその隣の「ミ」

d2do

はい正解です。

 

では3度は?

 

その隣の「ファ」?

d3do

…………。

 

実はブー、間違いなんですね。

 

はいすみません。ちょっと意地悪をしてしまいました。

 

でもここコード始めたての人で分かったら素直に尊敬します…。

 

僕ここで当時思いっきりつまずきました…それはもう思いっきり。

 

ドを基準にした場合素直にドからシまで1度〜7度で表せましたよね。

 

実に単純明解です。

 

でもこれのせいで!こいつのせいで!

 

次の段階で思いっきり出鼻を挫かれます。

 

そう、他の音を基準にした時隣→隣→隣と進む形じゃ通じないんですよ。これ。

そしてこれこそが「コードの理解を妨げているもの」だと個人的には思っています。

 

それくらい僕は当時大量の「?」と共に思いっきりつまずきました笑

 

レから見て3度は「ファ」ではない。

では3度はどの音なのか。「度」の数え方はどうすればいいのか。

ちょっと続き記事になってしまって申し訳ないのですが、次回の記事でこの辺りをじっくり見ていきます。

 

ではまた次回。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。中学の頃からバンドで音楽に関わって10年以上。 今までに身につけた知識、折角なんで皆さんと共有できればいいなと思いブログを始めました。 間違っている事があればご指摘ください…笑 理論の事以外にも、趣味のDTM関連の事や、ガジェット関連、アプリ関連など色々と好きな様に書こうと思っています。